感染を防ぐ予防接種って本当に効くの?

予防接種には色々とあります。予防接種を受けるスケジュールなどもきちんと理解しなければ効果は期待できませんので、必ず受ける予防接種の効果などを理解して接種しましょう。

インフルエンザ予防接種と部屋の加湿の注意点

インフルエンザを予防するための基本として、流行前にワクチン接種を受けることが挙げられます。この予防接種を任意で接種する場合は医療機関に行って受けるのですが、注意点としては2つありワクチンの有無や接種可能日・対象年齢の確認があるため事前の予約が必要であることが多いこと、インフルエンザの予防接種は保険適用外となりますので原則として全額が自己負担となることになります。また年齢が65歳以上の方や60~64歳でも呼吸器疾患や慢性心不全・糖尿病・腎不全などの基礎疾患がある方がインフルエンザにかかった場合、健常な人よりも重症化しやすいため予防接種を受けた方がよいとされています。そしてインフルエンザは咳やくしゃみなどをした時に、つばなどと一緒にウイルスが飛ぶことによって感染します。そのため締め切った部屋などに一緒にいるとウイルスが長い時間浮遊していることになりますので、1~2時間に1回部屋の換気を行うことが大切になります。また空気が乾燥すると喉の粘膜も乾燥してしまい免疫力が落ちてしまいますので、室内を適度な湿度である50~60%位に保つため加湿器などを使って部屋の加湿を行うことも大切です。またウィルスは気温が15~18度以下の環境を好んでいますので、湿度を50%くらいに保つのと同時に室温も18~20度位を保つ方が効果的です。しかし注意点としてインフルエンザの予防のためと部屋の加湿をし過ぎてしまい湿度が60%以上になってしまうと、今度はダニやカビが繁殖しやすい環境になってしまうという事です。ダニやカビは発疹やかゆみ・咳・鼻水などのアレルギー症状を引き起こす原因になりますから、加湿をし過ぎないようにしなければなりません。このように室内での感染を防ぐための注意点は、換気・湿度・室温をしっかりと管理することになります。